守るべきこととは

上を見ている女性

ピンクコンパニオンを利用する際には事前にルールを知っておく必要があります。ピンクコンパニオンはキャバクラや風俗と違って、個人で利用するものではありません。個人で利用をしているキャバクラや風俗でもルールを破ることはいいことではありません。ですが、ルールを破ってペナルティを受けることになるのは自分一人だけです。ですが、ピンクコンパニオンはそうはいきません。宴会に参加している全員で利用をしているんです。自分一人がルールを破ることで、全員に迷惑をかけてしまいます。宴会を台無しにする可能性も十分にあるんです。もしその宴会が会社のものであれば、上司などを巻き込むことになります。その後の仕事にも大きな影響を与えてしまう可能性も十分にあるでしょう。
ピンクコンパニオンのルールといっても決して複雑なものはありません。根本的なことを理解しておけばいいだけなんです。それは、ピンクコンパニオンは風俗嬢ではないということです。これを理解していない男性の多くがルールを破ってしまう傾向にあるんです。
ピンクコンパニオンはエッチなサービスを提供してくれます。ですがそれは宴会を盛り上げるためです。決して男性を射精させるわけではありません。ですから、そういったサービスを強要するようなことは絶対に行ってはいけないんです。もししつこく強要するようであれば、例え利用時間の途中であってもサービスが終了となります。もちろん、返金されることもありません。
ピンクコンパニオンは一人の男性の不注意で多くの人に迷惑をかけることになるものです。これだけは絶対に避けるべきでしょう。どれだけお酒が入って、ハメを外したとしても、守るべきことはしっかりと守るようにしましょう。